次世代リーダー育成道場【実務型士業者集団 MAINS】

中小企業次世代リーダー道場とは

経営全体のノウハウをスペシャリストの実務経験に基づいてご提供する真の経営者育成プログラムです。

中小企業次世代リーダー道場とは

具体的な内容

●勝ち組企業のノウハウを「ヒト」「カネ」「モノ」に分け、それを動かすポイント
●自由闊達なヤル気に満ちた組織になるための基本スキルを知識
●社員の離職防止、税制変更の活用法など喫緊の経営課題へのヒント

教育機関や銀行系の現場経験のない知識だけの講師陣ではありません。
長年の現場経験の中で講師自らが悩み学んだことをベースに行います。

セミナー内容

人材育成

自己革新セミナー(合宿)

菊池 長月  (きくち  ながつき)

講師

菊池 長月(きくち ながつき)

20代は基本的スキルの習得と人間力の磨き方の訓練。
30代は管理者としての責任制能力と人間性能力の訓練。
40代は次世代役員になるための専門スキルの訓練とし、各世代や経験に合わせ、自ら学び・考え・行動する力と人間としてのスキルアップを目的としたセミナーです。

こんな方にお勧めです

●20代:修行と社会を見極める時代(専門力と人間力の基礎づくり)
●30代:管理者として自己革新する時代
●40代;次世代役員になる専門力と人間力を追求する時代

主なカリキュラム

オリジナルの自己分析テストを実施し、自分の責任制能力と人間性能力の測定を行います。
その結果から自身の弱点を理解・克復して、自らの気づきから
『ライフプラン』『キャリアプラン』『キャッシュフロー』を構築させ、目標設定します。

攻めの会計・財務

活力数字経営のススメ

杉原 浩志(すぎはら こうし) & 丹羽英介(にわ えいすけ)

杉原 浩志(すぎはら こうし) & 丹羽英介(にわ えいすけ)

講師

杉原 浩志(すぎはら こうし)
丹羽 英介(にわ えいすけ)

「財務とは何か」「会計とは何か」について一緒に考えていきます。
会計上のルールは税務署に申告するためだけのルールではありません。
実は非常に重要な「ある目的」があります。
ここを見落としてしまうと多くの社長が陥る赤字の考え方が生まれる土壌ができてしまうのです。
この重要な目的を解説して、業績アップのためのヒントを得ていただきます。

こんな方にお勧めです

●若手経営者、後継者の方
●将来経営にかかわる幹部候補生の方
●会計、財務業務の見直し、戦略を検討している方

主なカリキュラム

①商売と経営の違い
商売と経営は違います。商売は売上を追い求め、経営は利益を追求します。
結論、財務会計に対する考え方は180度変わります。

②商売で使う数字VS経営で使う数字
商売において会計は、税務署に申告するためのもの。
経営において会計は、経営戦略にに不可欠なもの。
つまり、数字の目的が根本的に違います。
どこが違うのか?考え方の違いとは?について解説します。

③実践!戦略的財務会計
ここでは具体的に数字や公式を使いながら戦略的な財務会計について学んでいただきます。
今後の会社の進むべき方向性、あるべき姿が明確になる経営者必見の内容です。

④金融機関の与信格付け制度の習得と財務強化
~金融機関の融資制度を甘く見ていませんか?~
金融機関は与信格付けがダウンすると融資を取り下げることをあなたは知っていますか?
通常あまり知ることができない融資の裏側を学んで頂くことで、積極的な経営を進めるためのノウハウを解説します。

攻めのマーケティング&IT

マーケティングから始める企業改革

友村 太郎  (ともむら たろう)

講師

友村 太郎 (ともむら たろう)

Webを用いたマーケティングの観点から事業を考えることにより、貴社のビジネスに新しい価値を生み出します。
経営戦略とWeb戦略は表裏一体の関係にあるとの考えから、具体的かつ実践的な解決策を提示します。

こんな方にお勧めです

●中小企業の方
●既存事業の見直しや新規事業の立ち上げを検討している方

主なカリキュラム

マーケティング視点からの事業見直し、Web戦略の立案、MA(マーケティング・オートメーション)の導入支援。

攻めのマネジメント&戦略

正しいPDCAから生まれる活きた戦略

佐竹 洋  (さたけ ひろし)  & トップ企業実務管理者

佐竹 洋  (さたけ ひろし)  & トップ企業実務管理者

講師

佐竹 洋(さたけ ひろし)
トップ企業実務管理者

「苦労して作り上げた戦略はあるが、絵に描いた餅」になってしまうなんてことはありませんか?
そんな戦略から脱皮を一緒に考えていきます。
実は日ごろ行っているPDCAが将来を描く戦力に大きく関係していることをご存知ですか?
「成果が出る戦略とPDCAとは?」を解説しヒントを得ていただきます。

こんな方にお勧めです

●中堅中小企業経営者の方
●既存製品(サービス)の拡販や新規製品(サービス)での拡大を狙った事業計画を検討している方
●営業、技術部門の責任者の方

主なカリキュラム

戦略は組織やお客様の要求することだけを単に行うことを描けばいいというものでもありません。

・お客様要求を自組織の能力や経営資源で置き換え考える。
・過去のPDCAから得られた「気づき」を上手く且つ十分に活用する。

いずれが欠けても書いただけの戦略になってしまします。
基本となる「気づきを活用した戦略策定とは」「攻めのDR、品質とは」を解説いたします。

攻めの組織力&人事労務

社員を育てる戦略的人事制度

杉原 浩志(すぎはら こうし) &  特別講師

杉原 浩志(すぎはら こうし) &  特別講師

講師

杉原 浩志(すぎはら こうし)
特別講師

「若手社員を育成すればよいのか?」「管理職に部下のマネジメントをさせるには?」「社員の定着率を上げるには?」等々、
多くの企業が共通でもつ悩みを解決する鍵は、フィードバックを主体とした効果的な人事制度の構築とその運用にあります。
効果的な人事制度とその運用についてノウハウを提供します。

こんな方にお勧めです

●社員が育つ仕組みを導入したいと考えている経営者、管理者、人事総務担当者
●チームや部下のパフォーマンスを上げたいと考えている経営者、管理者
●人的資源管理について学びたいと考えている管理者、人事総務担当者

主なカリキュラム

①「社員品質」向上のための人的資源管理
②人事制度の正しい運用と部下を育て社内を活性化させる秘訣
③事例にみる評価制度、目標管理制度とその考察
④実践、賃金制度構築(賃金制度の構築や見直しのプロセス)
⑤上司や総務担当者が押さえておくべき労務管理に必要な基礎知識
⑥労使トラブルとその予防策・解決策
⑦同一労働同一賃金に向けた企業がとるべき対応策

対話力(ファシリテーション)

会議とチームを補足するリーダーのコミュニケーション術

井坂 泰成  (いさか やすしげ)

講師

井坂 泰成(いさか やすしげ)

会議は知恵とやる気を集める重要な場です。
上手な進行は好循環を生み、下手な進行は時間と人件費を無駄にしたあげく、社員のやる気も下げてしまいます。
また、会議を活性化するには日頃からの職場での信頼関係と対話が不可欠です。
会議進行とチームづくり、二つのファシリテーション術を学び、知恵とやる気を引き出す対話力を体得します。

こんな方にお勧めです

●社内会議の進め方に悩む経営者、管理職、プロジェクトリーダー
●部署、チームのまとめ方に悩む経営者、管理職、プロジェクトリーダー

主なカリキュラム

主なカリキュラム

①会議ファシリテーション基礎コース
会議の成功条件/有名企業の会議/ファシリテーターの役割

②会議ファシリテーション応用コース
板書のスキル/質問のスキル/介入のスキル

③チームビルディングコース
信頼関係を築くコミュニケーション/動機づける対話/協力関係を築く方法

儲かる5S・ロス改善

5Sから始まる強い組織づくり

井坂 泰成  (いさか やすしげ)  & トップ企業実務管理者

井坂 泰成  (いさか やすしげ)  & トップ企業実務管理者

講師

佐竹 洋(さたけ ひろし)
トップ企業実務管理者

“5S"を現場の活動と考えていませんか?
自動化やIT化をすれば真に強い永続的に生産性の高い組織になれるのでしょうか?
自動化やIT化をより効果的効率的に活用するために必要な活動の基本となる”5S”と、活動を見える化し社員のヤル気を引き出す”ロス改善”について解説し、
業績アップに繋がる”5S・ロス改善”のヒントを得ていただきます。

こんな方にお勧めです

●生産(モノづくりだけではなく)業務の管理者 及び責任者の方
●生産性改善を企画・検討・推進している方 (間接部門含む)
●5S活動のマンネリ化で悩んでいらっしゃる方

主なカリキュラム

5S活動の本質と出来高を切り口にロスの考え方及び5S活動との関係を考えていきます。
一般的なセミナーや書籍にある5S活動ではなく、幅広い実務経験者の講師陣がたどり着いたノウハウを解説して、生産性向上⇒業績アップのヒントを得て頂きます。

①5S活動の考え方とやるべきこと
②ロスの見方と原価との関係
③ロスの見える化と5S活動の進め方

勝ち残る経営の本質

永統的な繁栄をするために

新 将命(あらたし まさみ)

講師

新 将命(あらたし まさみ)

多くの企業は猫の目のようにめまぐるしく変わる「流行」 に踊らされるばかりで肝心の「不易」を忘れてはいないか。
経営には「原理原則」という不易があることを知らずに経験や勘のみで会社を動かし一円でも多くの利益を上けることが、肝要なのだという思い違いをしてはいないか。
経営の「不易」とは何かを学んでいただきます。

こんな方にお勧めです

●「今は勝ち組企業だがこのままで良いのか?」売上・刺益が伸び悩み「何がいけないのか?」 「どうすればよいのか?」悩んでいる経営者、 これから経営者になる方
●「経営とは」を学びたい菅理職の方

主なカリキュラム

「経営の原理原則」=6つの品質に分けられます。
長年に渡る経営者としての経験と多くの企業を観てきた体験をもとに、6つの品基軸とした「黄金のループ」をわかり易く説明させていただきます。

最も大切な「経営者品質」とは
・魚は頭から腐る
・王道の経営者品質は「4位一体」
・王道経営には「昇り龍のPDC」
・継続力と徹底力

社員と共有する戦略策定

戦略策定のリーダーシップ

寺沢 俊哉(寺沢 俊哉)

講師

寺沢 俊哉(てらさわ としや)

30年間200社以上の企業コンサルタントの経験から、研修とコンサルティングを融合させた、独自の学びの場づくり「ライブメソッド(R)」を通じて、実践的な人材育成をはかります。

こんな方にお勧めです

●自分らしいリーダーシップを発揮し、ビジネスの現場を変えていくために対話の技術を向上させたい経営者やリーダー

主なカリキュラム

リーダーシップ、経営戦略、ファシリテ―ション、講師育成など、コンサルティングと研修を融合させた独自のワークショップを開催。
数年前より、リアル(集合研修)とオンライン(ネット研修)を活用した会員制制度「ライブ講師実践会(R)」を開催。
現在役100名のビジネスリーダーが交流を通じてお互いの研鑽を図っている。

実務実践個別ワーキング

個別課題は実務経験で解決

企業毎に抱える問題を風土・経営理念・経営者の想いに合わせて、皆さまといっしょに考え、解決していく仕事力を向上させるワーキングです。
座学や書物の知識だけでは解決できない泥臭い課題や難題も各専門家がリーズナブルに最も良い解決策を提供し経営改革支援と優れたリーダーを育成していきます。

新 将命

新 将命

寺沢 俊哉

寺沢 俊哉

菊池 長月

菊池 長月

丹羽 英介

丹羽 英介

杉原 浩志

杉原 浩志

井坂 泰成

井坂 泰成

佐竹洋

佐竹 洋

こんな方にお勧めです

●過去色々なセミナーや個別指導で改蕃を行ってきたが、なかなか定着せず悩んでいる組織
●人財難の今、管理者の育成が急務な組織
●経営者自らが指導したいと考えているが多忙で困っている組織

主なカリキュラム

仕事力を向上させるには「形式知」と「暗黙知」の両方を向上させてやる必要があります。
特に市場環境の変化に合わせ成果に結びつけ、永続的に繁栄する企業にしていく為には「暗黙知」の向上は不可欠です。
しかし実態は比較的やり易く提供者や提供業者が多い「形式知」だけを行っている企業が多いことが大きな問題だと考えています。
「暗黙知」の向上は「学習」⇒「気づき」⇒「やってみて」⇒「学習」の繰り返ししかありません。
「良い気づき」を得ていただくアドバイスを提供し身につけていただきます。

①経営者自らの心得・経営のノウハウ…新 将命
②マネジメント (PDCA)・リーダーシップ…佐竹 洋、寺沢 俊哉
③会計・財務…菊地 長月、丹羽 英介
④人事・労務、人事制度…杉原 浩志
⑤対話力(コミュニケーション力)…井坂 康成
⑥5S ・ロス改善…佐竹 洋

講座紹介

各講座所要時間:2時間(休憩なし)

講座名 講師 講座概要
正しいPDCA 佐竹洋 間違いだらけのPDCAでは成果もヒトも成長しません。
PDCAは会社成長に欠かせないイノベにも直結する重要なツールです。
正しいPDCAとはを分かり易く解説致します。
会計・財務とは 丹羽英介 会計・財務の重要な目的について解説し、業績アップのためのヒントを得ていただきます。
労務&
コンプライアンス
杉原浩志
または
特別講師
リスク回避のために経営者や幹部社員が押さえておくぺき労働法の基礎と問題社員への対応について事例を交えながらわかりやすく解説いたします。
儲かる5S・ロス改善 トップ企業招待講習 掛け声だけの5S活動になっていませんか?
全部門が参画したロス改善と改善⇒維持管理をスパイラルアップしながら進める、全員参加の5S活動を紹介します。
商品設計の流れ トップ企業招待講習 お客様の声をどう自分たちの競争力のある商品に結びつけるか、お客様に感動と喜びをもって受け入れていただくまでの商品設計活動の仕組みを理解していただきます。
事業に参画する
品質保証とは
佐竹洋 品質保証部門が日々検査やお客様からのクレーム対応、不良の処理業務に終始していませんか?
品質保証の本来の業務とは何かをわかりやすく解説いたします。
対話力
(ファシリテーション)
井坂泰成 ボトムアップで社員の力を引き出し、生産性を高めるには、建設的な対話の力が不可欠です。
そのため会議運営とチーム作りのファシリテーション術を学び、対話力を体得します。